“レジスタントスターチ”による便秘やメンタルヘルス、肌状態の改善効果確認 ~30日間のヒト試験による産学共同研究を発表~

スマートスターチ株式会社 (本社:鳥取県八頭町 代表取締役社長 工藤泰正 以下当社)と株式会社タナカバナナホールディングス(本社:三重県 代表取締役社長 田中齊太郎)は、公立大学法人兵庫県立大学 環境人間学部 栄養教育・栄養生理学研究室(永井成美教授)との共同研究による試験で、便秘に悩む成人女性に、食物繊維と同様の特性を持つレジスタントスターチを豊富に含む「スマートスターチ(バナナでんぷん)⋆1」を摂取していただき、便通状況の改善や脳腸相関によるメンタルヘルスへの影響を調べ、一定の効果を確認しました。

詳細については、下記のWebサイト「レジスタントスターチ研究室」に掲載しております。新型コロナ禍においてますます高まる健康需要に貢献するべく、今後も研究を続けて参ります。

レジスタントスターチ研究室

https://resistantstarch.co.jp